お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/-- --:-- | スポンサー広告
落としたかんざし
753 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 18:41:24 ID:9kqhdZdZ0
まだ学生の頃、いつもバイトのあと彼氏とイチャイチャしながら駅まで帰るっていうパターンだったんだけど、
ある時彼が「どうしてもやりたい。今すぐ」とか言い出して、バイト先は神田だったんですけど、
土日の神田ってほんと人気がなくて、けっこう路地裏とか駐車場とか、平気でやれるかんじだったんで、
時々その辺で青姦しちゃってたんです。もちろん立ちでです。で、古いかんじの工務店みたいなのと、トタン屋根の車の修理屋みたいな看板の店との間に細い路地があるのを見つけて、両方廃屋っぽかったんで、この奥でやっちゃおうってことになりました。

石畳の薄暗い路地に、まずは彼氏が入っていきました。わたしも少し時間差で人通りが無いのを確認してから続きました。
外から見た以上に通路は真っ暗で、突き当たりは反対の通りのビルかマンションの建設現場で、ブルーシートがかかってました。あ、これは楽勝でけっこう安心して出来るな、なんて思ってたら、奥から戻ってくる彼とぶつかりました。

「余裕じゃん」
て言ったら、「しゃべるな、しゃべるな」って彼が鋭い小声で言って、わたしの手を掴みました。
それでものすごい勢いでわたしを引っ張って戻るんです。??とか思ったけど、
いつも明るい彼のただならない様子に、黙って従いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


07/21 12:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。