お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/-- --:-- | スポンサー広告
大学で実際にあった洒落にならない話
189 本当にあった怖い名無し 05/03/18 05:17:33 ID:ngsn+q+F0
大学で実際にあった洒落にならない話。

俺の通っている大学は山のてっぺんにある。町から相当隔離された場所にあり、
最寄のコンビニですらジグザグの山道を通って車で片道10分は掛かってしまう。
そんな環境であるため、サークル活動や研究室などの特殊な用事でもない限り、
遅くまで大学に居残る学生はほとんどいない。
しかし、10棟程度に分かれている大学校舎の中の一つに「音楽棟」という建物があり、
そこでは夜遅くまで学生(大半は音楽関係の学科生かサークルの人間)が
ヴァイオリンやピアノ等の楽器を練習している。音楽棟には50以上の個室の全てに
ピアノが一台ずつ入っているのだが、学生はそれぞれ自分なりにお気に入りの個室があるようで、
例えば練習室の24番には○○専攻のA子がいるから、23番の練習室をお気に入りに
使っているアホな輩もいるといった具合だ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


04/25 00:03 | 未分類 | CM:0 | TB:0
荷台の上
526 本当にあった怖い名無し sage 04/11/05 15:21:19 ID:PWJDHAY3
待ち合わせ場所は友人の下宿から歩いてすぐのファミレス。
いい御身分である。私の家からはバイクで20分掛かるのに...。
目的地の史跡には電車で行くので朝5:30に出発。
バイクかっ飛ばして向かう。エリミネーター400。
車には極力乗りません、何か後ろに『いらないモノ』を乗せそうなので..

店に着くと窓際に友人が座っているので窓に水平に停車する。
長い髪に無精髭。ちゃんとした服着てなければホームレスにしか見えない。
自称『視えるが祓えない』友人である。
私に気づくと友人は薄笑いで手招きを始める。

店に入って席に近づくと 何が面白いのやら半分噴出しながら笑顔で言う。
『お前、相変わらずお約束やね』
「いきなり何や」
『 ん 』 指差す先を見るとバイクの荷台。
『うらやましいなお前、子供にも好かれやすいんやな』
「は?」
『後ろの荷台にちょこんと座ってる』
「またまた、俺が『視えん』からって騙すなよ」

『んー タイヤ見てみ。あんな物自分で付けたか?』


このエントリーをはてなブックマークに追加


03/29 00:03 | 未分類 | CM:0 | TB:0
霊なるものの存在を信じる子供だった
622 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/02 11:44 ID:v8sHZAmq
でわお話を一つ。
小学生の時。
特に霊感というものはないのだが、霊なるものの存在を信じる子供だった。
なぜかはわからないが、初めて訪れた場所では必ず立ちくらみのような
脳の奥を刺激されるような感覚を覚えたからだ。
(音に例えると・・・ッキィッみたいな)

自分の中では、それはその場を守護する霊による洗礼だとおもっていた。
場所によっては弱く、厳かな雰囲気の霊験あらたかな場所では
気を失いかけるほどの立ちくらみにあった。

強い眩みを感じた後、その場所のことを聞くとそれらしき話をきかされたことが何度もあった。
たとえば信長の首塚など。

ある日、友達の家に遊びに行った時のことである。
学校ではよく話すのに、家に行ったのはこのときが初めてだった。
玄関に入った瞬間にクラッとした。

そんなに強い感じではなく普通の眩みだった。
しかしおかしなことにいつまで経っても眩みがおさまらず、
中に入っていけば行くほど眩みは増していく。

だんだんとあせり始めた俺は「あっ、用事があったんだ。また今度遊ぼうね!」
と言ってすぐさま走って外に出た。
出るとなぜか眩んだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/28 20:03 | 未分類 | CM:0 | TB:0
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年も毎日更新できるよう精進していきますので
何卒、よろしくお願いいたします。

m(__)m

管理人 眠り犬



01/01 00:00 | 未分類 | CM:0 | TB:0
髪の毛の長い女
556 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:02/02/10 03:01
京都で私が見た話を一つ。

随分前ですが、学生時代私は北大路に住んでいました。
下宿だったので、お風呂がなく銭湯に行っていたのですが貧乏だったので、銭湯代をけちるため、四条大宮の方に下宿していた姉のところに毎晩のように夜中自転車で通っていました。
(姉の所にはお風呂があったんです)時間は夜11時頃だったと思います。

二条城の前を自転車で通り過ぎようとしたところ 前の方に一人の女がいたのです。
私はジョギングしている人だろうと思い、気にもとめていなかったのですが近づくにつれ何か変だなぁと思うようになりました。
その女の人は私と同じ方を向いていたのですが(私が女の人の背中から自転車でぬく感じです。)



このエントリーをはてなブックマークに追加


11/13 16:03 | 未分類 | CM:0 | TB:0
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。