お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/-- --:-- | スポンサー広告
墓参りに行こう
417 名前: 本当にあった怖い名無し 04/08/04 04:08 ID:1K5WM8kz
あんまり怖くないかもしれませんが実際に私が体験した話です

高校2年くらいの時から、私は不眠症になり体調を崩しました。
自室で寝ていると、2階真上の部屋の兄の部屋から物音が聞こえるんです。

当時、兄は深夜のコンビニでバイトそてたので夜はめったに家にいませんでした。
家はボロなので人が歩いたりすると、かなりぎしぎしパキパキと
音がするのですが、それが誰もいないはずの兄の部屋から聞こえるんです。

家鳴りかな、と気にしていなかったのですが、そのうちこそこそと
誰かの話し声のような音がするようになりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


01/31 20:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
信じてくれないかもしれないけど、一応書いてみます
396 名前: 本当にあった怖い名無し 04/07/31 12:56 ID:YN7zjaT5
信じてくれないかもしれないけど、一応書いてみます。
自分でもこの話が、夢か現実かがはっきりわからないのです。

今から10年くらい前の話です。 僕は小学5年生でした。
夏休み、埼玉県で1人暮らしをしているおじいちゃんの家に遊びに行きました。
1週間くらいおじいちゃんの家に泊まりました。
そして、自分の家に帰る日が来ました。

帰り際におじいちゃんが昔使ってた双眼鏡を僕にくれました。

おじいちゃんが家を掃除してたらタンスの奥のほうから出てきたので、今は使わないからって僕にくれたそうです。 僕はそれを家に持ち帰りました。
その双眼鏡はとても遠くのものが見えました。
僕は家のベランダから、双眼鏡を使ってよく空を眺めてました。
青空や雲や月や星を観るのが毎日の週間になっていました。
そして、ある夜、僕はちょっとした好奇心で、双眼鏡で人の家を覗いてみました。
ほとんどの家はカーテンをしめてますが、あるアパートの一室だけカーテンが閉まってない部屋がありました。 閉まってないと言うか、カーテンが無かったようです。
そのアパートの部屋には女の人が一人暮らしをしてるようでした。
僕は、その家を毎日覗くようになりました。 いつも女の人が1人でいます。
その人は20歳くらいで、とてもキレイなひとでした。
僕は、毎晩、双眼鏡でその人の家を覗いてました。
そんな日が3ヶ月くらい続きました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/31 12:03 | 考えると怖い話 | CM:0 | TB:0
みんなで百物語することになった
326 名前: 本当にあった怖い名無し 04/07/24 15:16 ID:DnJCIdXR
漏れが消防のとき、町内の有志が集まって植物の実験したり、
自分で作ったブーメラン飛ばしたりするという行事に出席したときに起こった話。

日光でサルに詳しい人と一緒にサルの観察をするイベントに参加した夜。
近くの旅館に泊まったとき、みんなで百物語することになった。
漏れ含む5人はみんなで寄せ合った怪談話を聞かせあってた。
カバンに忍ばせておいたローソク×100本もその場を盛り上げていいカンジに進んでとうとう100話目は
漏れが担当することになった、半分ネタ切れ状態だった漏れはアドリブで怖い話をでっち上げることにした。

              ここから先は音声でお楽しみください

漏れ「皆さん、ここはどこでしょう」

仲間A「何って日光に決まってんだろ」

漏れ「そう、日光です。今回は100話目にふさわしく、俺が自ら体験した恐怖をお話します。
俺は今までここに3回きたことがあります。修学旅行と、この研修旅行と、後一回家族できたことがあります。
俺が家族で泊まったとき、○○ホテルというところに泊まりました。
そこで遊び疲れて寝たとき、奇妙な夢を見たんです。
自分はパジャマ姿で異次元空間のようなところにいました。
そして目の前には階段がある、引き返そうにも場所がない。
階段を上ろうとしたとき、パジャマが引っ張られる感触を覚え、足元を見たら、
なぜかフランス人形が俺のパジャマの足元をつかんでる。」

漏れ「そんで口をカタカタ動かしながら人とは思えないほど低い声で「一段目」
とかいって俺のパジャマをつかんだまま階段を上がる。
俺は何すんだコノヤロゥ!!って思ってそのフランス人形を階段から蹴り落とした
だけど足元を見れば何も無かったかのようにフランス人形が俺のパジャマをつかんでる
二段目とか言って階段を上がる。
俺はそのフランス人形をどうにか動かなくさせようと階段の角のところにたたきつけたり
首をねじ切ってみたり(意外と簡単に取れた)したけど次の瞬間には何も無かったかのように俺のパジャマをつかんでいた
もう仕方が無いからそのフランス人形についてった。
んでフランス人形が言う「十三段目」のあたりで急に開けた場所に出た。
だけど俺の視線の先には首吊り自殺に使うわっかのついたロープがぶら下がっていた
やば……と思ってフランス人形のいる足元を見たら、
フランス人形がいない、俺はしめたと思って階段を下りようとしたけど階段が無い。
そして後ろに何かの気配を感じた。
振り返ってみるとさっきまで俺のパジャマをつかんでいたフランス人形が浮かんでいる。
そんでいきなり「落ちなさい」とかいって突進してきて俺はその異次元空間に落っこちていくところで目がさめた
フランス人形もいないし、元の次元に戻っている。
だけどそこはホテルの屋上、しかも俺は手すりにつかまって身を乗り出した状態で起きた
夢遊病にかかっちまったか、と思って後ろを見たらいきなりあのフランス人形がいた。
そして口をパクパクさせて「十三段目」
これで俺の話は終わりです、皆さんいかがでしたでしょうか。」


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/31 00:03 | 不思議な話 | CM:0 | TB:0
コンビニエンスストアのバックルーム
181 名前: 本当にあった怖い名無し 04/07/08 12:37 ID:IX4ZuQcz
幽霊ってあんなにもはっきり見えるんですね。
先週の土曜の明け方頃、コンビニエンスストアのバックルームで体験した話です。

僕はコンビニで夜勤のアルバイトをしています。
22:00~9:00までで、夕勤の人は0時までいてくれます。
その後は8:00に朝勤が来るまで1人体制です。

確か3:30頃だったでしょうか、店内にお客がいないことを確認して、
カップ麺の補充をするためにバックルームに行きました。

カップ麺はバックルームの廊下に面している小部屋に置いてあります。
お客が入ってくるとバックルームに「ピンポーン♪」とチャイムが響き渡るので、
店内を撮影しているビデオなどは見ていませんでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/30 20:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
わたしが小学生高学年ぐらいのときの話
180 名前: 本当にあった怖い名無し 04/07/08 11:41 ID:buzEE2fq
たぶん似たような実体験は大量にあるとおもう

この季節になると思い出すのをひとつ。
わたしが小学生高学年ぐらいのときの話。

別に家になにかがあるってわけでもなく、わたしは毎日普通に過ごしてた。
ある日寝てたらなんか凄い違和感を覚えた。

いつもなら眠ったら朝まで起きない子供だったんだけど、そのときは眠りが浅かったのかな?
よくわからんけど、なにかの気配で起きた。

何かがいる。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/30 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
学校の図書館
70 名前: 本当にあった怖い名無し 04/07/05 18:13 ID:D+Qt4ueH
うちの学校の怪談

20年以上前に腰まである髪の生徒がいて
友達がいなかったために、いつも休み時間や放課後は
図書館の窓辺に腰掛けて本を読んでいた。

ある日、事故(ノイローゼで自殺説も有り)で落ちて死んでしまった。
彼女の名前が残る図書カードの本を20冊借りると、
彼女が窓辺に現れる。(長い髪の毛が本にいっぱいはさまってる説もある)
それでノイローゼになる子が続出して図書館の図書カードが廃止されてバーコードになった・。
彼女の借りた本を全部借りると家まで付いて来るらしい。
図書室の資料室のどこかに彼女の文集が残ってる。 等

このエントリーをはてなブックマークに追加


01/30 00:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
腕枕
39 名前:本当にあった怖い名無し あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/07/05 00:39 ID:ZVKT/UPa
今カノから聞いた話で比較的チビりそうだったやつ。

カノが前彼と日本海の某海水浴場に泊りで行った時のこと
カノは今もなんだが男に腕マクラをしてやるくらい性格スケールのでかいやつだ
※体格はガリガリで161な

そのカノが同じように旅館で前彼に腕マクラしてやってたそうな。
で夜中3時くらいになんか寒さと息苦しさで目が覚めたんだと。

けど体は思うように動かせなかったそうだ。そして左腕に彼氏の頭の感触があるんだが
なぜか布団の外に放り出してる右腕側にも腕マクラをしている感触があったそうな。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/29 20:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
風○広告代理店の営業職
633 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/02 14:01 ID:QwES2H09
勤めていた会社が倒産して以来、一年近く無職でした。

30近くになって親の仕送りを充てにする生活、もう仕事を選んでいる場合ではない、と
今年3月よりマイナー風俗広告代理店の営業職に就いております。

主に仕事で出歩くのは夜から深夜、
しかも治安が良いとはとても思われない大○●・新大○●が受け持ち、
何度か危なそうな目に遭って、色々な意味で立ち入っちゃいけない場所などわかってきたものの、
まだまだ893な経営者やDQNなマネージャーとの交渉、
そしてそれ以上に良心に心すり減らしてきました。

ぼくの担当区域あたりはK国系、C国系のお店や人が多く、
新規媒体の売り込みやお土産にガサ入れ情報などを持って日々回っているのですが、
日本とは別の、どこか脂っこいような社会・文化を形作っている印象を受けます。
外国人だから、ということじゃなく日本人もなんか異質なんですよね、この辺り。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/29 12:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
助けてもらってた?
628 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/02 13:38 ID:Z42GJ1sO
まず母親に聞いた話し。あたしが産まれる直前に
夢の中で白い着物来た昔の女の人があたしを抱いて
竹林の中を走っていく夢をよく見たらしい。
まだあたしが産まれる前だけど母はそれを自分の子供だとわかっていて
返して!返して!!!といいながら夢の中で必死で追いかけていたと。
これだけなら出産前ノイローゼだったのかも、で終わるけど
ここからがあたしの体験。夢じゃないです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


01/29 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
霊なるものの存在を信じる子供だった
622 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/02 11:44 ID:v8sHZAmq
でわお話を一つ。
小学生の時。
特に霊感というものはないのだが、霊なるものの存在を信じる子供だった。
なぜかはわからないが、初めて訪れた場所では必ず立ちくらみのような
脳の奥を刺激されるような感覚を覚えたからだ。
(音に例えると・・・ッキィッみたいな)

自分の中では、それはその場を守護する霊による洗礼だとおもっていた。
場所によっては弱く、厳かな雰囲気の霊験あらたかな場所では
気を失いかけるほどの立ちくらみにあった。

強い眩みを感じた後、その場所のことを聞くとそれらしき話をきかされたことが何度もあった。
たとえば信長の首塚など。

ある日、友達の家に遊びに行った時のことである。
学校ではよく話すのに、家に行ったのはこのときが初めてだった。
玄関に入った瞬間にクラッとした。

そんなに強い感じではなく普通の眩みだった。
しかしおかしなことにいつまで経っても眩みがおさまらず、
中に入っていけば行くほど眩みは増していく。

だんだんとあせり始めた俺は「あっ、用事があったんだ。また今度遊ぼうね!」
と言ってすぐさま走って外に出た。
出るとなぜか眩んだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/28 20:03 | 未分類 | CM:0 | TB:0
事故現場の近く
590 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/02 01:57 ID:5kXB/499
誰かに聞いてほしいんで書きます。

私の家は二階建てのアパートで、大通りから少し離れた細い道に面しています。
その道は近所の小学生の通学路になっています。

車の通りは多くはないんですが、三ヶ月ほど前に事故がありました。
小学生が乗用車に引かれて死んでしまいました。
その現場というのが私の部屋の窓からちょうど覗ける位置なんです。

その事故から二週間ぐらいたってからでしょうか、その事故現場には、
毎日新しい花束と、お菓子がおかれるようになったのに気付きました。
それから、しばらくしたころに夜そこを通ると、お弁当箱が置かれているのに
気付きました。

注意して、その現場を気にしていると、どうやら朝に花束とお弁当、
お昼にもお弁当、小学生が帰ってくるころにはお菓子、夜にまた新しいお弁当、
と置かれているようです。

どうやら、そのなくなった子のおかあさんか誰かが毎日その時間になると、
置いていくようだと気付きました。女性がそこにしゃがんで、ぼうっとしているのも
なんどか目撃しました。

それに初めて気付いた時、本当に胸が苦しくなりました。
すこし異常にも思えましたが、子供をなくすとこうもなってしまうものなんだろうなと。

それから、しばらくたった夜。今から一ヶ月くらい前でしょうか。
深夜に女性が毛布に包まってその現場にしゃがんでいるのを、窓から目にしました。
さすがに、このときは少しぞっとしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/28 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
白浜
571 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 22:10 ID:NxW+Ue+X
先輩の家の庭で新しくやってきた犬と深夜に戯れる既に無くなった犬、南紀白浜の某幽霊ビル(現解体済み)の話とか・・・いっぱいあるんですが、
今回は南紀白浜から大阪に帰る時にあった話などをちょっとお耳拝借します。

前回より前の夏の話です(今ごろだったと思います)
先輩と俺とあと2人、男4人で白浜に遊びに行こう、なんかそんな話がありましてですね、
男4人~?と渋ってみた所、綺麗どころは現地調達、俺達が話付けるから、そんな話につられてヒョコヒョコ付いていった俺。
で、早朝出発昼前に海水浴場に到着しました。

さんさんと照りつける太陽、波が白く砂浜に打ち寄せ、潮の香りと水着の女性、
・・・・・・とヤロー4人。

先輩達は頑張ってたんですけどね~、俺は前日遅かったのでビーチで寝てました、しっかりしろ俺。・゚・(ノД`)・゚・。

そうこういてるうちにあれほど輝いていた太陽も西に傾き、場所を変えて頑張ったのですが空振りばっかりでした。(あくまで先輩達が、しっかりしろ俺。・゚・(ノД`)・゚・。)
その後の収穫もなく午後10時、そろそろ諦めムードになってきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/28 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
先輩の彼女が
531 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 19:25 ID:NxW+Ue+X

昔の話なんだけど、六甲山のある場所から見ると峠にある地蔵が手を振ってるように見える場所がある、
そういう噂話があったんだ。
ま、よくある肝試しスポットで行ったヤツも多かったし、別にどうってことないと思ってたんだ。

ある日のこと、俺と俺の先輩、先輩の彼女とその友人の女の子の4人で遊んでいたんだ。
先輩「なあ、お前ら知ってるか?六甲山の手振り地蔵って」
俺「あ、聞いた事ありますけど~、行った事ないヽ(´ー`)ノ」
女性陣「え?なになにそれ~?」
俺&先輩「行ってみる?」

ええ、勿論先輩の友人と仲良くなりたかった俺のため、話の流れに若干の仕込みはあったわけなんですよ。
時計は午後9時いい時間、一行は高速道路を飛ばして一路六甲へ、ナイス先輩。

車を走らせながら先輩、こわ~い話をいっぱいしてくれたりするんです、俺も負けじと怖い話を返して・・・、
車の中は怖いムードいっぱい女性陣がかなりビビっております更に話を続けると・・・。

はい、やりすぎました、女性陣がマジで怒りだしました(;´д`)
怖すぎた模様、
とりあえず先輩と俺は精一杯なだめモードに、やっぱりこう、盛り上がったあと、(出来れば)よろしくしたいわけじゃないですか?
誠意とジョークでなんとか友人の方は機嫌が直ってきたみたいなんですが、先輩の彼女がかなりムスっとしている様子、
俺と先輩と友人の3人でなんとかなだめつつ車は六甲山のふもとにたどり着きました。

先輩の彼女はムスっとずっと無言、先輩はマズィな顔、後部座席の俺と友人は困り果ててます(微妙な意気投合でそれはそれでなんかOKなムードだが)
いつの間にやら場は、先輩の彼女のご機嫌を取る会、になりつつ六甲山を車で登っていく一行。
ようやく目的地に着きました。
彼女もちょっとは機嫌が直ったのか、皆と一緒に車を降りて歩き出した。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/27 20:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
奇妙なアパート
516 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 18:13 ID:MQzC/gd7
某大震災の後、家の荷物を置くためにアパートを借りた

震災で倒壊した家からは少し離れてはいたが
6畳x2、トイレ、キッチン付き、駅から徒歩5分で3万円という破格の値段だった

地震後のボランティア価格で出される物件も多く
風呂も無く築30年以上たっていたのでその価格に納得していた。
仕事場が近いこともあって、俺だけがそこに一人暮らし

初めてアパートに入ったときから「奇妙な気配」はあったのだが
その日はとくに強かった

TVを見ながらもちかえった書類を片付けていると
玄関を開ける音がして足音が近づいてきた

どうやら隣の部屋に入ったようなのだが・・・・
家族の誰かが荷物を取りにきたのだろうと無視していたが
蛍光灯をつけた気配が無い
そのまま何かを探すような音は続いている

じわじわと恐怖が心の中を広がる
焦りのためノドが渇いてきたのだが
その部屋の前を通らないとトイレにも台所にもいけないので
湧きあがる恐怖を打ち消して台所に向かった


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/27 12:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
遺影
498 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 16:38 ID:SciGmb4l
私の父方の祖母が亡くなったのは今から17年前の3月でした。

祖母は風邪をひいて入院をし2日後には帰らぬ人となってしまったのです。
私はすでに結婚をして家を出ておりましたが、結婚するまで実家で両親と
祖母と私の4人で暮らしており、私は大変祖母に可愛がって貰っていました。

「おばあちゃんがまさか死ぬとは思わなかった」と伯父や伯母も口々に言うほど
元気な人だったので、私も祖母が死んだという実感が全くなく、葬式を終えたのを覚えています。

その年の新盆には親戚が実家に集まり、みんなでお墓参りに行くということになりました。
私はその時妊娠中で悪阻がひどく、お墓参りに生きたかったのですが、

一人で実家で留守番をしておりました。
北海道にしてはとても暑い日でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/27 00:03 | 不思議な話 | CM:0 | TB:0
A子という女の子
442 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 15:14 ID:8sKbNquX
ある小学校にA子という女の子が通っていた。

A子には親がいなかった。そのことや容姿の悪さなどを馬鹿にされ酷いイジメを受けていた。
もともとおとなしい性格だったがイジメが始まってからは更に暗い性格になり、
それこそクラス、生徒皆でいじめている様な状態で教師も知らぬ風だった。

そしてA子は自殺した。学校の屋上から飛び降りて。
授業中に自分のクラスの窓の外を落ちていった。
イジメの主犯格の子は偶然、落ちていくA子と目が合ってしまった。
その時A子は目をひんむいてすごい顔で笑っていた。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/26 20:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
俺が高校に通っていた時の話
437 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 15:01 ID:twmef09t
人から聞いた話で悪いが…。
俺が高校に通っていた時の話。
理科の先生がかなり面白い人で、
しょっちゅう勉強とは関係のない話をしてくれた。
ある日、どういう話の流れかは忘れたが
先生が遭遇した怖い話をしてくれた。

先生は前に赴任していた男子高校の合宿に
副顧問として初めて合宿に参加したそうな。
その合宿先というのが毎年決まっていて、
所謂、「出る」と部活内で有名な宿だったらしい。

先生は当然そんな話は信じていなかった。
その年もビビる生徒達を連れて合宿先にお世話になった。
練習が終わり、夕方、生徒達が各部屋でヽ(´ー`)ノマターリしていた。
その宿というのがかなり田舎の方にあり、宿の周りには田んぼがあった。
生徒達が窓際で涼みながら話をしていると田んぼのあぜ道を
オッサンがコチラに向かって歩いてきていた。

周りはすでに薄暗く、何となく生徒達は
そのオッサンに向かって「お~い」と手を振ったらしい。
するとオッサンはコチラに気付いたようだった。
しかし次の瞬間、
1歩、
2歩、
3歩目でいきなりブワッと目の前にまでそのオッサンの顔が迫って来た。

驚いた生徒達は「うわぁぁぁ!!!」と悲鳴を上げて窓から離れたが、
もうすでにオッサンの顔はそこに無かったらしい。
その悲鳴を聞いた先生は部屋に飛んで来てどうしたのか話を聞いた。
オッサンを見た生徒も別の部屋から来て話を聞いていた生徒達も
「やっぱり出るんだ…」とパニック状態で「もう帰りたい」と
言い出したが何とか落ち着かせようとしていた。

そして遅れてやって来た顧問の先生は生徒と先生の話を聞いて
「あぁ、オッサンは出てくるけど驚かすだけで何にも悪さはしないから大丈夫」
と言ってのけたそうな。
それまで半信半疑だった先生は本当に霊が出るのと顧問の呑気っぷりにダブルで
かなりビビッたらしい。(ワラ


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/26 12:03 | 考えると怖い話 | CM:0 | TB:0
廃屋に肝試し
291 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 09:18 ID:COn8PCkk
去年の夏、有名心霊スポットなのに、誰も入った事の無い
廃屋に入ってみようって事で、肝試しに行きました。
外観は田舎の一軒家って感じで、ガラス割れてる以外は
結構綺麗でした。玄関の鍵をガラスの割れた所から手突っ込んで
開けて入ったんですけど、すでに玄関に変な臭いが
立ち込めてるんですよ。悪臭に耐えかねて吐く奴が
出るくらいの悪臭。

それでも我慢して進んで行くと、普通に茶の間があって、
まだ新しい様な卓袱台やだるまなんかが置いてありました。
そこには、何も無さそうだったんで、台所に行ったんですが、
そこから臭いが来ている様で、俺も吐いてしまいました。
臭いの元が、もしや腐乱死体ではないかと言う胸騒ぎが
皆を包み込み、皆一様に自然と悪臭の中、臭いの元を探していました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/26 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
公園のベンチ
288 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 09:09 ID:wVQ0Fxsd
書かせてもらいます。

暑い夏の日でした、俺は定時制の高校に通ってて
ちょっと遠いけど、自転車で40分ぐらいかけて
通ってたんです。

いつも夜の九時頃に授業が終わります、ちょっと剣道部に入ってた
ものだから十時半頃に終わって、帰る時に友達が「ちょっと腹減った
から、飯でも食わない?」って言ってきたので食べに行くことにしま
した、どうもその時から嫌な感じがしてたんです。

十一時頃に食べ終わってから、友達はそこから家が近いので別れ
ました。
自転車に乗って一人で帰ってるときに目眩のようなものが
したので途中にある公園のベンチにボッーっと10分程座って
いました。

そろそろ回復してきたので、帰ろうと思い、自転車に
乗って走っていると、また目眩のようなものに襲われました。
でも道も暗いしこれ以上遅くなると、怖いので頑張って
自転車をこいでいました。
家まであと20分程のところに散髪屋があって、もちろん
こんな時間に誰も居ません。

散髪屋を通り過ぎるときに店のガラスに自分の自転車に
乗っている姿が映りました。
でもなんか変な感じがします、もう少し進んだところに
薬屋があります、もちろん誰も居ません。
店を通り過ぎる時に、またガラスに映る自分を見ました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/25 20:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
Sちゃんの急死
254 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 05:20 ID:GJliphSs
洒落にならないってほどじゃないかも知れないけど、消防当時は本気でぞっとした話。

当時、友人Aが、自分の父親の会社が持っている保養所に、子供だけで旅行しに行こうと発案した。
本当は身内しか利用できない施設なのに、全員が「Aちゃんの従兄弟ですう」とか「Aちゃんのハトコですう」とかw

大嘘ついて同行させてもらった(まあ保養所だってわかってはいたんだろうけど)
その時、同じ小学校じゃないヤツが混じってた。Aの保育園時代の友達Sちゃんだ。

結果から書くと、Sちゃんとは、子供同士すぐにうちとけあって、旅行中は皆で楽しく過ごせたんだが、
二年後の夏、Aから、Sちゃんの急死を知らされることになる。事故だった。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/25 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
廃墟と化した病院に肝試し
248 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 05:04 ID:7QvvSUB1
オカ板に常駐している私ですが、実は霊的現象は信じていませんでした。
私の周りに居る「自称霊が見える」人達の話も全く信じていませんでした。
ですが、今では信じています。信じざるを得ないと云うのでしょうか。
丁度1年前の話になります。

私とH(男)とK(男)は幼馴染。小さい頃からいつも一緒でした。
その日も3人でN県にある、廃墟と化した病院に肝試しに行こうとなったのです。
時刻1時。真っ暗で周りは何も見えない。たった一つの懐中電灯を頼りに歩きました。
夜中の病院って本当に怖い。霊的に、とかじゃなくて理屈無しに怖い。雰囲気だけで怖い。
余りの怖さに失禁しそうになった私を見て、やはり肝試しは明日にしようとなりました。
(きっとHもKも怖かったんでしょうね。)


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/25 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
鳥取にある峠
243 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 04:08 ID:AIEuETcy

俺も小話を一つ

鳥取にある峠にはいつ設置されたかもわからないほど古いカーブミラーがある。

今でこそ道路は見通しよく改装されたが、昔は見通しの悪い曲がり道だったらしく
よく事故が起きていたようだ。ところが最近になっても事故が減らないので
県の職員であった私のおじが調べに向うことになった。

調査に行く日、予定では午後4時ころに向かうつもりだったが、他の仕事が溜まっていて
結局現場に着いたのは午後9時頃だった。おじはひとまずその道を車で走ってみた。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/24 20:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
小人がいた
242 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 03:45 ID:Y+xDMt+i
中学校に通っている時、先生から聞いた話です。
その先生の親友のOさんという方の話です。

その方は、友達と麻雀する事になり、友達の家に言ったそうです。

友達の家に行くと、既に3人着ており、Oさんが最後だったそうです。
Oさんが麻雀を行う部屋に入ると、3人は麻雀パイをかき混ぜていました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/24 12:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
1時ごろに母親が階段を上ってきた
241 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 03:30 ID:gQyIq0n5
1時ごろに母親が階段を上ってきた

「さっきからケラケラ笑って!女みたいな声があんたの部屋から聞こえてくる、うるさいで!」
しかし、俺は男だし、パソコンをいじっていて声なんか出していなかった
んで、30分ほどしてそんなことは忘れて親が就寝して、オナーニをはじめた。

ヘッドフォンをつけて、さあ、どの動画で抜くかと考えていると、ヘッドフォンの外から、(部屋の外からなんだが)、階段を上る「トントントン」という音が聞こえてくる

「やべえ!チ○コ隠して動画消さないと(´д`;三 三;´д`)オロオロ」


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/24 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
白い服着たオネーサン
236 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 02:57 ID:H4plJbsl
今日車で人気の無い山道を走ってたら木の陰に白い影が
見えるか見えないくらいの微妙な位置に立ってた。

このスレ見てからびびり君になってた俺はマサかなと思いつつ
見ないフリしながら横目でチラリ。
白い服着たオネーサンが一人ぽつんと立ってました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/23 20:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
俺の大学の先輩が体験した話
224 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 01:37 ID:hKxEH3sv
俺の大学の先輩が体験した話です
近くに通称お化けトンネルと呼ばれる心霊スポットがありました
先輩が友達と3人で車でお化けトンネルに行ったときのことです

そのトンネルの脇に展望台があってその駐車場に車を止めて
歩いてお化けトンネルに行きました

トンネル内で写真を撮ったりして何事もなく駐車場に帰ってきました
すると夜露に濡れた自分の車のフロントガラスに

「タスケテ」

と書かれていました


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/23 12:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
金魚の夢
208 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 00:19 ID:KN0bZgwP
自分が幼稚園に通ってた頃。
夜店でGETした金魚を家で飼っていた。透明なプラスチックの容器に入れて。
自分は、親切のつもりで金魚に布団と称して、ティッシュを巻いてやった。
ずっと水の中では寒いんじゃないかって。1匹1匹丁寧に。

当然の如く金魚は死んだ。飼ってた十数匹全滅させちゃったんだ。
幼さ故の過ちってやつ。親にすっげー怒られた。
でも、怒られた理由を自分は理解出来なかった。アフォだったからな。

そして。
その数日後から、夢に金魚が出てきた。
でもその金魚がすげーデカい。3mくらいあんの、大きさが。
で、自分を襲ってくるんだよ。噛み付いてきたりして。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/23 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
肩を叩く
166 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/06/30 22:52 ID:DOv5hHy+
2,3年前に友達と肝試しに行ったんです。
場所はリゾート地にバブルの時建てられ、今は廃墟となっているホテル。
私らは5人ばかしでそのホテルへ向かいました。
初めのうちは皆余裕でしたが、実際ホテルの前に立ってみるとその暗さ、大きさ、静けさにビビリまくっていました。

中に入る時誰も先頭に立ちたがらなかったので仕方なく私が名乗りを上げました。
でも正直なところ、
「結局出る時も先頭なわけだから。入る時の先頭より出る時の最後尾の方が怖いよなぁ」との考えがありました。
黙っていてもし最後尾になったら_というわけです。流石に怖いから真ん中にしてくれとも言えませんしw

それで私を先頭にホテルの中に入ったんですが、そこはもう肝試しには最適とも言える場所で、
1階の床は抜けてプールみたいになってるし、かび臭いし、どこかでピチャピチャ聞こえるような。
皆「うわー怖えーよ」とか言いながら楽しんでたんですが、水のある場所を避け細い通路に入った時、
友達の一人が急に帰ろうとか言い出しました。

そいつは前から霊感があるとか言ってたんですが、私はあまり信じていませんでした。
でも顔真っ青だし汗びっしょりだし、流石にやばいなと思ったんですが、こんな肝試し(このトラブルも含めて)は二度とないな!と思い

そいつは放っておいて先に進もうとしたのですが、他のやつらがもう戦意喪失で。もう帰ろうという事に。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/22 20:00 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
何でもありませんでした
157 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/06/30 22:13 ID:cmEYnrvq
むかしすんでいた私の実家(母方)には地下室がありました。
小学校三年生まで実家に住んでいました。
いつもは全然使っていなくてお祭りの日とかだけ準備しにいったりしてたみたいです。
で、そのお祭りの前の日に弟といっしょにそこに入ってみようという話になりました。
弟は一才年下です。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/22 12:03 | 考えると怖い話 | CM:0 | TB:0
金縛りとともに誰かが部屋に入ってきた
127 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/06/30 18:13 ID:pUranCiE
恐いかな、とも思うけど一応書き込みます。
昔いた仙台の職場での知り合いの話です。
その人は妻子あり、の良いおっさんなんです。
ここではKさんとしておきます。

Kさんが夜寝ているときのこと。
金縛りとともに誰かが部屋に入ってきたそうです。
畳を歩く擦り音が聞こえて、Kさんの方に向かって
きます。Kさんはもちろん、金縛りで動けない。


このエントリーをはてなブックマークに追加


01/22 01:21 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。