お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/-- --:-- | スポンサー広告
子供が見ているもの
55 本当にあった怖い名無し sage 04/09/15 23:08:07 ID:5L19XqxR
さっき、ベッドシーツを取り替えるのに
ベッドの上で跳ねてはしゃいでる息子(2歳)が邪魔だったので、
「ちょっとどいてー」とベッドから降ろしたら、息子は隣の部屋に走りこみ、
そこでこの世の終わりといわんばかりの勢いで泣き出した。
転びでもしたんだろうと見に行くと、きちんと立って泣いている。
じゃあ、ベッドの上から降ろされたのが悔しくて泣いているのだなと思い、
「分かったよ」と抱き上げて寝室に連れ戻り、ベッド中央に降ろした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


02/28 16:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
ペラペラ
17 本当にあった怖い名無し 04/09/15 00:44:34 ID:AmyhgfuS
私、不動産業者ですが。呪怨って映画ありますよね?
あれと似たような話なんですが・・・ここだけの話ということで。

昔、千代田区のある新築物件で首吊り自殺が起きました。
首を吊ったのは旦那で嫁は行方不明のままでした。
こういう事件があった後は記憶が薄れる1年間くらい放置するものでして。
家賃を下げ、事実を隠しつつ2年後。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/28 08:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
電子顕微鏡
757 本当にあった怖い名無し 04/09/11 10:50:36 ID:b/FkXSyj
私はあるメーカーの研究所に勤務しているものです。
私の研究所がある棟は、過去に二人の自殺者が出ています。
夜遅く帰るときにそのことを思い出すのは、気持ちの良いものではありません。
そしてこれから語る短い話は、そんな夜遅くにおきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/28 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
幼稚園の頃の話
671 本当にあった怖い名無し 04/09/10 01:17 ID:0l3qn2Oi
今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通ってた頃の話です。
昔はお寺さんが幼稚園を経営してるケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。
今にして思うと園の横は納骨堂だったし、その隣は古い墓地だった。
夕方、幼稚園の遊具で遊んでいた。外には俺一人だった。
室内には何人も人がいたんだと思う。でもそのときは何故か俺一人だった。
ジャングルジムの上に人が座っていた。男の子だった。
黒の半ズボンに黒い金ボタンの上着を着ていた。裸足だった。
坊主頭で小学生くらいだったんだろうか、すぐ自分より2つ3つ年上の子だと分った。
その子はじっと俺の方を見ていた。
特に怖いとかビックリした記憶は残って無い。ただ何故か無性に寂しくなったのを
覚えている。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/27 16:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
かかってきた電話
669 本当にあった怖い名無し 04/09/10 00:46 ID:t/RoeU9+
俺の姉が体験した話です。

そのとき姉は友達の家で遊んでいて、友達の親は留守でした。
電話がかかってきて、その友達が電話を取りました。
ほんの少し話しただけで電話を切りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/27 08:03 | 考えると怖い話 | CM:0 | TB:0
黒尽くめの女
661 本当にあった怖い名無し sage 04/09/09 23:46 ID:4s81JOm4
以前別スレで書いたんですが、最近こんな事がありました。

この間寝てるとき、AM3:10頃に部屋にあるFMラジオが急に動いた。
黒尽くめの女?から逃げ惑った夢で飛び起きた直後だった。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/27 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
十人で百物語をすることになった
652 本当にあった怖い名無し 04/09/09 18:29 ID:y+UrCH1V
文章、下手くそでごめん。

サークルのキャンプのとき十人で百物語をすることになった。
さすがに百本の蝋燭を用意するのは無理なので、十本の蝋燭でやった。

ひとつの話が終わったらひとつ吹き消して、また点けるという形式で。
俺が異変に気づいたのは、一周した頃だった。
バンガローの壁に小さな子供ほどの背丈の影が映っていて、その影が俺達の円を囲むように歩いていたのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/26 16:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
うちの犬が見えるらしい
562 本当にあった怖い名無し 04/09/08 03:36 ID:DoMTL930
うちの犬が見えるらしい。

今年の春頃昼間私は台所で食事中に、白い人影のようなものが
居間の半分開いたドアのほうにスーッと入っていって
「え!今の人じゃなかった???」と驚いていると直後に居間にいた犬が
ウゥ~ワォワォワォ!と変な鳴き方を数回繰り返した。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/26 08:03 | 不思議な話 | CM:0 | TB:0
Yと見たサイト
545 本当にあった怖い名無し 04/09/07 22:59 ID:9QLQiT/d
今から2年前の話です。
ある夏の夜、友人のA君の彼女が留学することになり、A君と別れたということで、
彼を励まそうと、当時一人暮らししてた私の家で飲み会することになりました。
結局6人集まって、午後9時くらいから始まったんですが、
12時過ぎに、B君が「ちょっとテレビ見せて」と言ったので、
みんなでテレビ鑑賞会になりました。
テレビでは普通にニュースやバラエティーが放送されてて、
普通に見てたんやけど、そのうち画面にノイズが入るようになりました。
「テレビ壊れてるんちゃうん??」
「壊れてへんって。単に電波おかしいだけちゃうん??」
と、話をしていると、突然画面が砂嵐に変わりました。
「砂嵐やで。これは重症やな」と誰かが笑った途端、
砂嵐の中に「死にたいドットコム」という文字が浮かびあがってきました。
「何これ??」
一瞬浮かび上がった文字は、すぐに消え、また元の画面に戻りました。
「今の・・・何??」
「死にたいドットコム・・・って書いてたよな??」
「うん。ちゅうかマジでキモイねんけど」
私たちは騒然として、とにかく気味が悪くてどうしようもありませんでした。
「とりあえず、テレビ消そう。気持ちわるすぎる」
「そやな」
そう言って、テレビを消しましたが、さっきの画面の話をしてました。
そしたらA君が「なぁ、お前のパソコンで調べてええ??さっきのん」
と言い出して、パソコンで検索をはじめました。
「調べるって・・・キモイやん。ちゅうか、見間違いかもやし」
「せやけど、ここにいてる連中、みんな見たやん。なんかの番組の番宣かもしれへんし。
おもしろそうやん」
と言って、検索を始めました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/26 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
蕎麦屋の出前のバイトやってたときの話
540 本当にあった怖い名無し sage 04/09/07 22:30 ID:DE0ntp+w
大学生時代の夏休みに蕎麦屋の出前のバイトやってたときの話。

郊外の住宅街で、ちょっと行けば丘陵地帯の雑木林が広がる田舎だった。
ある日、カツ丼5人前っていう注文が来た。
道端に原付を止めて、雑木林の奥へ5分くらい歩いて行った所だった。

工事現場か林業関係の注文だと思ってたんだけど、
到着してみたら10年以上も誰も足を踏み入れてなさそうなボロボロの廃屋。
明治大正から建ってたんじゃないかってくらい古い平屋の納屋みたいな建物で、
窓ガラスは全部無くなっていて、
中を覗いてみると家具や電化品や粗大ゴミがあちこちに散乱していて埃が堆く積っていた。

誰もいないし、何か作業をしていた跡もないし、場所を間違えたと一瞬思ったんだけど、
地図ではそこ以外にありえないし、家は他に無い。
かろうじて残っている表札の「吉田」も合っていた。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/25 16:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
巡回
512 本当にあった怖い名無し 04/09/07 18:11 ID:Wk59/xVO
俺の名前は脇浜。趣味はパソコンだ。すこし根暗なので友人は少ない。
そういうわけで、暇な時間は家で2chをぶらぶら見てることが多い。
俺は専用ブラウザを使っており、いくつかのお気に入りのスレを日に一度チェックする程度だが。
その日はバイトが終わってかなり遅くに帰宅し、一度だけ巡回して寝るつもりだった。

カチッ

と『巡回』ボタンを押し、新着レスを確かめる。
が、
妙な事がおきた。お気に入りに入れた記憶のない、スレの名前がでてくるのだ。
しかもこともあろうに、
『脇浜の童貞を断固として守るスレ』
『脇浜の足の臭さについて語ろう!』
などと、出てくるスレはどれもこれも俺の事。
ははあ、ウィルスかなんかにやられたのか。
パソコン乗っ取られてるのかな。明日警察行くか。
と困りながらも、スレの名前が不覚にも笑いを誘い、しばらくぼーっと眺めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/25 08:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
ギュウギュウ詰め
489 本当にあった怖い名無し 04/09/07 15:51 ID:Fb/ecBC6
何年か前にひどい目にあった話を投下します。

 何年か前のある日の夕方、俺は友人Aを乗せて車を走らせていた。少し離れた友人Bの家で酒盛りをする為である。
プチ同窓会のような感じで大学時代の仲の良かった10人くらいで集まって飲もうかということになったのである。
 そこで、家の近かったAを拾ってからBの家に向かう予定だったが、Aが時間を勘違いしていて、出発が
遅れたのである。平謝りするAを車に乗せて結構なスピードで走っていたが間に合うかどうか微妙だった。
 
 友人Bの家は山を越えた向こう側にあった。山越えの道に入ったら、車は俺ら以外に走っていなかった。
曲がりくねってはいるが一本道で、信号もなく片側一車線のそれなりに走りやすい道なので、俺は調子に乗って飛ばしていた。
 Aと他愛もない話をしながら車を走らせていると前方にやたらゆっくりと走っている軽自動車のテールランプが見えた。
一本道であるために山を越えてふもと付近に下りるまで追い越すスペースがない。はっきり行って焦っている俺たちには
邪魔な存在だった。そうこうしているうちに軽に追いついてしまった。俺とAは何を会話するわけでもなくいらいらしながら
その後ろを走っていた。しばらく、軽の後ろを我慢して走っていたが、やたら遅い。カーブの度に止まりそうな位ブレーキを踏む。
いくらなんでも遅すぎる。この焦っている時に勘弁して欲しいってくらいの嫌味な速度で走り続ける軽自動車。俺はとうとう痺れを
切らしてAに言った。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/25 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
俺が引越し屋をやってたころの話
439 本当にあった怖い名無し 04/09/06 22:26 ID:7H1OeT+q
俺が引越し屋をやってたころの話。

俺がまだ新入りだったころ、3月の繁忙期だったかな、
前の現場が長引いちゃって次のお客さんの作業開始が午後4時を回っちゃったんです。

最初から繁忙期だから作業開始は遅くなるって分かってたみたいで
そのお客さん全然怒ってなかったけど、俺たちはまだその次の現場があったんでとにかく急いでた。

8階建てのマンションの8階がお客さんの部屋で、俺は新人だったから台車を転がしながらエレベーターで
上がったり下がったりだけの役目だったんですけど、そのエレベーターの調子が悪いって言うか、
変なんですよね。誰も居ないのに4階で勝手に止まって勝手にドアが開く。俺が「閉」ボタンを
連打するけど、ドアの閉まり方も変なんです。なんか引っかかってる様な感じ。

ガーーーン、ガーーン、ガンみたいな。エレーベーターって安全装置ありますよね。
ドアの片側についてるヤツ。アレが誤作動してる感じ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/24 16:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
理科室
438 本当にあった怖い名無し 04/09/06 22:25 ID:BeG+A8mQ
 小学校……の頃だったと思う。
 確か6、7年前。当時は多分小学校6年生の時の話。

 女子数人(3人?)がこっくりさんをやっていた。
 何処でも見かけるような光景だったと思う。
「××は誰が好きですかー?」
「動いたー!」
 私はあまり興味は無かったので、少し離れた場所で本を読んでた。
 けど声は大きかったし、そのこっくりさんに興じる声はずっと聞こえていた。
「○○は魚(私のあだ名はトサキント)ですか?」『いいえ』
「違うに決まってんじゃーん!」
 とかって、きゃあきゃあ騒ぎながらこっくりさんを楽しんでいた。
 暫くしたら、一通り遊んで、そろそろ帰って貰う事になったらしい。
「こっくりさんこっくりさん…」
 と、お決まりの言葉を述べて帰ってもらった直後だった。
 正確には帰ってなかったのかもしれない。
 突然、誰かが叫んだ。
「おい! 部屋の窓開いてねーぞ!」
「えっ!?」
 どうやら、窓を開けておかなくてはならないというルールが合ったらしいのだが、
皆それをすっかり忘れていて、窓は全て閉まっていた。
「やばいやばい!」
「開けて!」
「早く開けろよ!」
 そういって部屋中の窓が開けられていった。全開同然だ。
 私は動揺して、読みかけの本を持ったまま立ち竦み、窓が開けられていくのを呆然と見ていた。
 皆怖かったとか叫んだり、涙ぐんでますが結果何事も無く終了……した筈です。皆は。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/24 08:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
ダムに釣りに行った
271 本当にあった怖い名無し 04/09/03 22:34 ID:vt2/87oB

これはつい最近の出来事なんだけど、俺は友人Yと一緒に東京の奥多摩にある
○丸ダムってところに釣りに出掛けたんだ。
そこは釣り場にたどり着くのはちょっとしんどいけど結構いい釣り場で、
地元の人間くらいしか来ない場所なんだ。
夜中に着いて日が昇るくらいまで釣るつもりで装備もバッチリだったんだけど

その日はなんか釣果が芳しくなくて、竿に鈴付けて放置してYとお喋りしながらまったりと
過ごしてた。
その時、放置してあった俺の竿から鈴の音が「ちり・・・ちり・・・ちりーん」
俺は慌ててあわせたんだが、どうやら逃げてしまったようで引きがない・・・
取り敢えず餌の付け替えをしようとリールを巻き上げ始めると、
微妙に何かの感触を感じた・・・藻でも絡んでるのかな?


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/24 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
287 本当にあった怖い名無し 04/09/04 00:32 ID:KyF/oW8D
髪の毛といえば、母の実家に遊びいった時、お風呂に藻が生えてて
びっくりした事があるよ。髪の毛みたいな藻が湯につかってフヨフヨ
とたなびいてるの。色は濃い緑色で、引っ張っても取れないの。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/23 16:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
看護婦さんの幽霊
267 本当にあった怖い名無し 04/09/03 21:06 ID:lrTOAplN
もうだいぶ前の話ですが、当時私が大学一年の時、夏休みを利用して前から悪かった腰の椎間板ヘルニアの手術をするために大学病院の整形外科に入院していたときの体験です。

手術が無事に終わって数週間がたったある日の深夜、熟睡できずにうたうた
としていた。すると病室のドアが静かに開き、人が入ってくる気配がした。

看護婦さんの巡回の時間かぁ、今日の夜勤は○○さんだったなあ・・・とかぼんやりと考えていた。
人の気配は奥のほうから巡回しているようで私のところにもきたのだが、カーテンがゆらっと揺れただけで看護婦さんの姿を見ることはできなかった。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/23 08:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
バンガローに泊まりに来た
262 本当にあった怖い名無し 04/09/03 20:33 ID:vt2/87oB
一つ体験談を・・・

友達と8人で、多摩川上流(東京都)に遊びに行った時のことなんだけど。
そこは東京都言っても、もう山梨県に近い奥多摩町というところで、
信じられないくらい綺麗な川と山々に囲まれたトコなのね。

俺達は以前から予約を入れてあったバンガローに泊まりに来た訳だが
今から思えばそのバンガローってのが、
ちょっと気持ち悪い雰囲気ではあったんだよね。

まぁ建物自体がかなり古いものだし、
これから皆で大騒ぎして泊まるのにおかしなこと言いたくないからね、
もちろんその気持ち悪い感覚は胸にしまっておいた。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/23 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
コンサートのアルバイト
260 本当にあった怖い名無し 04/09/03 20:20 ID:GHGVUsap
昔、コンサートなどのスタジオでアルバイトしていたときの話です。

そこは昔から心霊現象が相次ぎ、今では玄関の場所まで変えたほどの
地元では有名な心霊スポットでした。

私の仕事は、コンサート後のお客の誘導と会場の掃除。
その日も、コンサートが無事終わり、いつものようにお客の誘導を始めました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/22 20:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
A君が車に戻った理由
199 本当にあった怖い名無し 04/09/03 00:21 ID:nqRgdu7S
今は取り壊されて無くなりましたが、幽霊ホテルと呼ばれていた
廃墟がありました。
そこへ行った友人の話。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/22 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
終電で帰ることにしました
429 本当にあった怖い名無し 04/08/14 19:38 ID:KiFLP1do
大学時代の友人から聞いた話。

当時友人(仮にAとします)は、新大塚で一人暮らしをしていました。
本当は大学のそばに住みたかったらしく、春日・本郷などを色々探した結果
条件に合うものがなくやむなく大塚にしたそうです。

彼はよく有楽町・銀座・新橋などで遊び歩き、終電で帰ってくることも少なくなかったようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/22 00:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
山田の中学時代の友人鈴木
146 本当にあった怖い名無し 04/09/02 16:36 ID:iSMsOmCs
高校のときの話。

友人山田(仮名)の両親が法事でニ三日家を空けることになった。
俺と田中(仮名)は暇な夏休みを送っていたので、
泊りがけで遊びに行くことにした。
夕方から集まり、何か料理とか作って、ちょっとした合宿気分。
夜になりだべっていたら、怖い話で盛り上がりそうになった。
ちょうどその時、山田の中学時代の友人鈴木(仮名)も遊びに来た。
大人しくて、真面目そう。一見いいとこの坊ちゃん風で、幼い感じ
がした。かなり小柄で、高校生には見えなかった。
俺と田中は鈴木と初対面だったが、鈴木はすんなり話の輪に加わった。


山田が都市伝説みたいな話をした後、俺がとっておきのネタを始めた
のだが、田中のノリが悪い。
くだらないツッコミや煽りを入れて茶化してくる。
「おまえ本当は怖いんだろ。だから白けさせようとしてんだな」
「違うよ、おまえの話が全然怖くねえんだよ」
当時俺らはいろんなことで、互いにライバル意識みたいなのがあった。
それが口論に発展することもしばし。

見かねた山田が諭すように提案してきた。
「おまえらどっちがビビリか、肝試しで対決してみたら?」
田中は乗り気だったが、俺は少し腰が引けた。
「○○橋の方に防災倉庫がある。そこは出るっていう噂だ。
中学の時の先輩が、彼女と一緒に見たとか言ってた。そこでやろう」
鈴木はもう遅いので帰るとのこと。
三人で防災倉庫に向かったのは、十一時くらいだったか。


橋の手前にちょっとした空き地があり、そこに古いプレハブ小屋があった。
入り口は建付けの引き戸で、 掛け金に南京錠がしてあった。
「実はこれ、壊れてんの」
山田はその古い南京錠を外しながら、淡々と言葉を続けた。
「先輩、彼女を連れ込んでやってたらしい。で、二人して見たんだと。
何でも、ホームレスがここで行き倒れになったことあって、多分
それじゃないか」

中は教室くらいの広さで、土嚢やカラーコーン、ポールなどが整然と置いてあった。
数年来の川の護岸工事で、これらの用具も使用されず、部屋全体が埃っぽい。
天井には裸電球が一つ吊るされていたが、スイッチは手元になかった。
「一人でいるのはさすがにやばいから、おまえら二人で一時間。
その後一人三十分の延長戦。それをギブアップした方が負けってことで」
田中はOKと即答した。にやにや笑いながら、俺を見ている。
(もう戦いは始まってるってか?)
俺は田中の挑発に乗ってしまった。
「表から鍵掛けとく。一時間したら開けに来る」
「懐中電灯置いてけよ」
山田にそう言うと、スモーカー田中が百円ライターに着火して
「これがあれば大丈夫だろ」と先手を打ってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/21 20:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
誰かが階段を上がってきた
137 本当にあった怖い名無し 04/09/02 13:27 ID:/BQZN7JT
久しぶりにカキコさせていただきます。

この前朝の四時に何故か目が覚めました。
自分は寝つきがいいほうなので夜中に目が覚めることはあまりないんですが、
そのとき尿意も感じていたのでまぁしかたねぇなと
布団の中で一人ごちていました。
すると、誰かが階段を上がってきたのです。

我が家は一戸建てで、自分の部屋は三階にあります。
三階は他に両親の部屋と弟の部屋があり、
階段をいったん三階まで上がりきると廊下があってドアが三つあり、
誰かの部屋に必ず入ることになります。
しかし、ドアがいつまでたっても開かないのです。

おかしいです。
てことは誰かが廊下に立ちっぱなし。
ちょっと怖いなぁって思ってたんですが、
(自分の部屋ですでに一回見たことあり)
また不思議なことに尿意感じてたはずなのに
急激に眠気が襲ってきまして、
ぽっくり寝てしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/21 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
玄関の内側から妹の泣き声と母親のうめき声が微かに聞こえてきました
134 本当にあった怖い名無し 04/09/02 13:01 ID:OdIOObjC
私が小4の時。

学校から家に帰ると、玄関の内側から妹の泣き声と母親のうめき声が微かに聞こえてきました。
「何があったの!?」とパニックに陥った瞬間、2階の窓がガラリと開いて知らない女の人が顔を出し、
「泥棒だよ。逃げな。△△ちゃん(妹)は死んだよ」と小さく一言。すっと奥へ消える女。

妹はまだ幼稚園児。
私は庭に転がってたほうきを持って、半泣きで家の中に転がり込んだのです。
すると、足の膝の所をスッパリ切って大出血している妹と、あまりの事に発作を起こして倒れている母親が!

「○○ちゃん……隣の家の……おじちゃん…」
玄関の方へ這う様にして倒れている母親。這ってでも外に出ようとしたのでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/21 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
先輩に聞いた話
73 本当にあった怖い名無し 04/08/31 14:35 ID:tsRuxX2c
先輩に聞いた話

道を歩いていたら、突然物陰から女の子が走ってきて、脇の狭い道を走り去っていった。
少しして向こうから男の人が走ってきた。ごく普通の気弱そうなサラリーマン風の人だったらしい。
その人が「さっきこんな子を見なかったか」と、その女の子の特徴を言ったので
先輩は「さっき向こうの道を走っていきましたよ」と教えた。

先輩はそのまま歩き続けたが、目的地前で忘れ物に気づき道を引き返した。
すると、さっきの男の人が鬼のような形相で女の子を抱え、白い車のトランクに放り込んで
車に乗り込むのが見えた。乗り込むとき男の人は「もう逃げられないぞ」と呟いた。

結構至近距離から見ていた先輩は、女の子がトランクに入れられる瞬間
目が合ってしまった。「お前が教えなければ見つからなかったのに」と言いたそうに睨んでいたという。
その後女の子の幽霊が・・・とかは無かったが、結構後味の悪い思いだった


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/20 20:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
旅行に行ったとき、とある旅館に泊まった
51 本当にあった怖い名無し 04/08/30 20:02 ID:Zr9uTN3r
旅行に行ったとき、とある旅館に泊まった。
料理もうまくサービスも結構良かったのでここは当たりだな、と思った。
いい気持ちで部屋のテレビを見ていたが、ふとビールが飲みたくなってフロントの横の自販機まで買いに行くことに。

しかし部屋から出ると横に急な階段があり、階段の下に自販機が見えた。

「あれ?こんなとこに階段あったっけ?まあフロントまで行かなくてすんでラッキー」

そう思い、階段を下りて自販機でビールを買った。そこには座敷があり、障子の向こうから話し声がした。
部屋の前で隣のおっさんが、そのビールはどこで買ったのか、と尋ねてきたので答えると、彼も階段を下りた。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/20 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
近所に幽霊の噂がある廃屋があった
84 本当にあった怖い名無し 04/08/31 21:48 ID:tsRuxX2c
近所に幽霊の噂がある廃屋があった

所在地はもと病院(本当か?)何でもそこに幼くして病死した少女の霊が出るとか 
ののちゃんだったか、ななちゃんだったか、まあありがちな話ではある
少女の霊は「もっと生きたかった」とかそんな感じのことをいうそうだ

女友達がそこへ行くと言い出した。その人(関係ないが6年間ずっと同じクラス)
は、妹は可愛らしく人望もあるのだが、本人はいじめられっ子で
小錦のような体系だった それに加えて自殺願望があった
便利な奴と思われてたのか、夜中の3時ごろ電話を何度も何度もかけてきたりだとか
好きではなかった。正直縁を切りたかったのだが・・・まぁ色々あって無理だった。
きょうあそこへいかないか、と誘われた。


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/20 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
にわとり
505 本当にあった怖い名無し 04/08/15 17:41 ID:yuPQuS8i
別に怖くないけど誰も信じてくれないから読んでくれ。なるべく短くする。
俺が小学生の頃、夏休みに寺で、座禅したりお経読んだりする体験があったんだけど、(「子供、禅の集い」ってやつ。)

友達が行くって言うから行ってた。最初行ったときは、座禅とかしんどいけど、楽しい!っておもって
毎年行ってたんだけど(つっても小4から小6の間)
小6の最後の禅の集いの話。

この行事は毎年いろんなとこにお寺を貸しきってやるんだけど(お寺は毎年違う)
その日の遊びとして肝試しがあって、寺だから当然お墓もあるわけで、お墓が舞台となった。
で、お坊さんたちが脅かし役やったりして、けっこう怖い。
5人一組で集団で行くわけだけど、決められたルートもあるのに、俺たちは迷って変な道をいってしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/19 20:03 | 奇妙な体験 | CM:0 | TB:0
寄生虫
432 本当にあった怖い名無し 04/08/14 20:29 ID:ntktK3dA
さて、今から50年ぐらい前に、九州の天草というところに24歳の女性が住んでいたそうです。
この女性の下半身に奇妙なブクブクした皮下の膨らみが現れました。
この膨らみは、徐々にですが、確実に増えて行きました。

誰も診たことのない不思議な膨らみに、意を決したある医師が、
思い切ってメスを入れてみました。すると……


このエントリーをはてなブックマークに追加


02/19 12:03 | 考えると怖い話 | CM:0 | TB:0
お兄ちゃん
162 本当にあった怖い名無し 04/09/02 17:36 ID:e4Kys7UU
中1のある日、兄の自転車を借りて坂を下ってたら
実はブレーキがすごく甘くなってて、

ブレーキしてもどんどんスピードが上がっていって
靴のつま先で無理やりブレーキさせても靴が磨り減るだけで

このエントリーをはてなブックマークに追加


02/18 23:51 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。