お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
十二単のおばあさん
145 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:03/12/08 18:21
東京出張時泊まった新宿の某ビジネスホテルでの事。
夜中書類を整理していると、なにやらズルズル引きずるような音。
他の客かと思い、気にせず仕事を続ける。

しかしよくよく聞いて見ると、その音はローカを端から端へ、
ただひたすら往復しているだけの様子。





注目記事!





何事かと思い、チェーンをしたまま少しドアを開ける。
すると、年齢は90近いのではないだろうか?

真っ赤なジュウニヒトエ(?)を纏ったクシャクシャの老婆がスソをズルズル引きずりながら、まさに私の部屋の前を通り過ぎるところだった。

私は「!?」と思わず、ひっくり返りそうになったが、チェーンに守られている心強さで、
そのまま老婆を見続けた。
老婆はというと、私の事など全く意に関せずといった様子で、そのままズルズルとローカを端まで歩き続けた。

と、突然私を振り返り、にこやかに微笑ながら私にうなずいたかと思うと、そのまま非常口のドアを「開けず」に外へズルズル出ていった。
私は腰を抜かさんばかりにびっくりして、ドアから離れ鍵をかけ、テレビをつけたまま部屋で震えていた。

しかし、私にはなぜか老婆の微笑みとうなずきが、

「ウン・・・いいのよ」

という照れによる誤魔化しにしか思えなかった。
私は心のなかで、「まあ・・・いいですけど」と呟いた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
09/21 06:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/1030-0ff2b753
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。