お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
あなたの後ろに・・・
850 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/06/29 14:20 ID:LkrRqeP6

 大学に入学して最初に友人になったのはYというやつだった。
容貌は口は悪いがお世辞にもいけてるというわけではなくて、むしろ
没個性的と言うか目立たない感じだった。
始めの頃は同じ講義を聴き、ノートの貸し借りもしていたが5月頃から
彼は大学へは顔を見せず仕方が無いので俺が気を回して代返をする毎日だった。





注目記事!





 三か月が過ぎて本気で心配になった俺はとりあえずメールで最近どうしたのか?ノートをコピーしてあるので届けようか?と聞いてみた。
その日の夕方、メールボックスに彼からの返信が届いていた。
メールには勉強よりも面白いことがある。ナントカってやつと知り合いになった。
変わってて面白いやつらだからうちへ遊びにこいよ。
と言う内容だった。
まぁ、遊びに来い。って言うぐらいだから元気なのは間違い無さそうだ。と思った
俺は彼の住まいであるアパートへノートのコピーと途中で買った缶ビールを手に向かった。
時間は夜の11時を回っていた。


 彼の住むアパートに到着したのはいいが玄関の明かりは消えていて、音も
聞こえなかった。
「あの野郎!人を呼びつけておいて寝たのか!?ふざけやがって!」
俺は呼び鈴を押した。
壊れているらしく、何の音もしない。
仕方が無いのでドアを数回叩くと彼の声で入って来い。と言う声がした。
おじゃま・・・ゥプ!!
ドアを開けたとたん凄まじい異臭が鼻を突き刺す。
狭いアパートの台所はごみで埋め尽くされ、流しや冷蔵庫までごみが浸食していた。
「おい!なんだよこのざまは!!人を呼ぶぐらいなら片付けておけよ!」
俺は悪態をつきながら明かりの無い台所を通って彼の部屋に向かった。
明かりらしい明かりはついていなかった。
ただ、パソコンのモニターの明かりが照明のようなものだった。
一心不乱にモニターを睨みつけている彼。
時折、「生意気なやつだ。逝ってヨシ!なんなんだよ同じ名前で俺を煽りやがって!」
とぶつぶつつぶやく彼が正直怖かった。
「おい、Y来たぞ。これがノートのコピーで、ビール買ってきたから飲もうぜ。」
「あんまり暗い部屋でパソコンいじってると目に悪いぞ、おい!聞いてんのかよ!」
あまりの悪臭と空気のよどみ具合に俺もイライラして彼の方を揺すぶった。


 「うるせぇな!いま大事な所なんだよ。こいつらを黙らせなきゃ俺の気がすまねぇんだよ。」
と彼は取り付くしまもなくモニターに目を移す。
「ちくしょう、このDQNどもが!逝ってヨシ!ひひひ、釣れた釣れた」
彼はどうやら掲示板への書き込みに夢中な様子だった。
俺は後ろであっけにとられてしばらく彼を観察することにした。
買ってきたビールは結露してテーブルらしきものの上でその天板を濡らしていた。
彼は何かを書き込むとすぐに多分TAかルーターのスイッチを切る。
そしてまたスイッチを入れて何事かを書き込んでいた。
「ちきしょう、またジサクジエンかよ。うぜ~!しかもみんな同じコテハン使いやがって!」
ぶつぶつと儀式のようにスッチを切ったりいれたりしている彼の髪の毛はつやを失い
肌の色もモニターの照明効果も手伝っていっそう白くくすんで見えた。
「どいつもこいつもなにが『あなたの後ろに名無しさんが・・・』だよ。センスねーコテハン使いやがって!」
「なんだよ、このナントカイモって言うコテハンは。むかつく・・・・」
時折歯ぎしりをしながら俺のことは眼中に無いかのように彼はモニターを睨みつける。

 俺はこっそりと部屋を出た。
一応ノートのコピーは置いてきたが無駄だろう。
外の空気は新鮮だった。
夜風が気持ちいい。
俺は急いで自分の家へ足を速めた。
ここにはもういられない。今日はもう寝てしまおう。

数ヶ月後、彼の退学通知が学籍番号とともに大学の掲示板に貼られた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
01/16 16:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/1407-dae26e80
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。