お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
白浜
571 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/01 22:10 ID:NxW+Ue+X
先輩の家の庭で新しくやってきた犬と深夜に戯れる既に無くなった犬、南紀白浜の某幽霊ビル(現解体済み)の話とか・・・いっぱいあるんですが、
今回は南紀白浜から大阪に帰る時にあった話などをちょっとお耳拝借します。

前回より前の夏の話です(今ごろだったと思います)
先輩と俺とあと2人、男4人で白浜に遊びに行こう、なんかそんな話がありましてですね、
男4人~?と渋ってみた所、綺麗どころは現地調達、俺達が話付けるから、そんな話につられてヒョコヒョコ付いていった俺。
で、早朝出発昼前に海水浴場に到着しました。

さんさんと照りつける太陽、波が白く砂浜に打ち寄せ、潮の香りと水着の女性、
・・・・・・とヤロー4人。

先輩達は頑張ってたんですけどね~、俺は前日遅かったのでビーチで寝てました、しっかりしろ俺。・゚・(ノД`)・゚・。

そうこういてるうちにあれほど輝いていた太陽も西に傾き、場所を変えて頑張ったのですが空振りばっかりでした。(あくまで先輩達が、しっかりしろ俺。・゚・(ノД`)・゚・。)
その後の収穫もなく午後10時、そろそろ諦めムードになってきました。





注目記事!





「帰ろっか?」
「でもビール入っちゃってるし(飲んでるの意)」
「男4人で白浜一泊?」
「・・・・・・帰ろっか?」

もうちょっとぐだぐだ言ってたと思うんですが、こんな話の流れになりつつ車発進、でも諦め悪く駅周辺をウロウロする車。
車中は男4人でビール飲んで意味もない話で盛り上がって笑って、昼間たっぷり眠ってやたら元気な俺、しっかりしr(ry

いい加減、笑って騒いで飲んで、疲れてきたんでもう一回どうしようか?ってなったんです。
「ん~、やっぱり帰ろうか?」
誰が言ったのか忘れましたがようやく帰路に着きました。

帰り道、それまでの喧騒が嘘のように静まり返った道、よしときゃいいのに怖い話を始める俺と先輩、
「んなわきゃね~よ!」笑いながら返す他の二人。

で、あるカーブに差し掛かった時、ガードレールの向こうからひょっこりと飛び出してくる老婆(?)がいたんです。
一生懸命こっち来い、って感じで手を招く着物姿の老婆。

「呼び込みのばぁさんかぁ??」
(大阪には新地と呼ばれる場所がありまして、えーアカセンの事です。そういう所の呼び込みってこんななんです)
後部座席の俺の隣の奴が笑ってます、俺も笑っていました。
助手席の先輩はちょっと変な顔、そして急にスピードを上げる車。

さっきまで制限速度以下でダラダラ走っていたんです、だってやばいでしょ?運転手までビールを(ry

「さっきのガードレールの向こう・・・崖になってて下はすぐ海だぞ!?」

運転手の言葉。魚釣りが好きでこのあたりも良く知るであろう人間の言葉に酔いが醒めていく俺達。

「!!!」←呼吸音とも声とも取れなかった運転手の言葉(?)
「付いてくるぅ!」

ええ!!?振り返る俺達、確かに来てる!!車のメーターは80k近くを指しているのに。
ちらっ、ちらっとしか見れない、俺は恥ずかしながら運転席のヘッドレストにしがみついてる、運転の邪魔だとかどうとか、頭に浮かばない。横の奴はしきりに体勢を変えながら同じく後ろをチラチラ見てる。
着物と白髪と招く手は一瞬見るだけでもはっきり見えるのに、その表情も下半身もはっきり見えない(見れない)、走ってるのか飛んでるのか、そんな事さえ分からなかった。
突然先輩が叫ぶ、

「お前らが笑ったから!」

そうなのか!無心で手を合わせ心の中で謝る俺、横の奴も同じ事をしているみたいだった。
時間にして数分だったと思う、しばらくして車のスピードが落ちた。

「消えた・・・。」

運転席からの言葉に安堵とさっきまでの怖さで泣き出しそうな俺達(達はいらず俺だけが泣きそうだったのかも知れない)、皆やたら饒舌になっちゃって・・・。
先輩のさっきのは確信があって叫んだんじゃなく、なんとなくだったらしい事、でもそれが正解だったのかなって事、いろいろな話が出つつ隣の奴が一言。

「トイレ行きたい」

ちょっと待て、ここでか?もうちょっと我慢しろ、口々に諭しつつ数十分後、明るい場所に車を停めました。
車を降りるのがどうしても怖いらしく、運転席を除いた3人で同時に車から降りました、気持ちは分かるんで。
まあ、その後は何もなかったわけですが、人が立てない場所から現れた老婆、あの場所を通る時が今でも稀にありますが、未だに息を潜めてしまいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
01/28 00:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/1442-2616e90c
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。