お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
高知県の民謡
181 名前: 本当にあった怖い名無し 04/07/06 19:58 ID:Li+lZSdi
高知県の民謡に、

「お月さま桃色 誰が言った
 尼が言った  尼の口ひきしゃげ(ひきさけ)」

というものがあります。

歌詞の訳については諸説あるようですが・・・


私が聞いた説。





注目記事!





《あるところに一人の尼が居た。もちろん尼なので、
 色恋沙汰はご法度。
 ところがこの尼に言い寄る男が現れる。

 はじめはこの男に困り、避けていた尼も、ついには男の熱意に負け、
 「これきりで最後にする」という約束のもと一夜をともにすることになった。

 ところがこの男は異常だった。尼の上に馬乗りになったかと思うと、
 尼のを犯しながら顔を殴打した。何度も何度も。やがて尼は血まみれになり
 ぐったりとしてきた。そこで男は尋ねた。

 「今宵の月は何色か」と。目まで血に濡れた尼は「桃色」と答えた。
 これを聞いた男は、満足したのか、腹を立てたのか・・・更に興奮すると
 「ほらをふくな」と尼の口に手をいれ、そのまま顔を引き裂いて
 殺してしまったそうだ。後に残るは無残な尼の骸のみであった。》

現在ではこの唄ももう忘れられつつありますが、一部の子供たちには、
「嘘をついたら口を引き裂かれちゃうよ」という教訓として伝えられています。
(もちろん性的な描写は抜きで。)

ちなみに、史実で、T町に資料も残っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
02/03 22:48 | 不思議な話 | CM:1 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/1475-5f8c912e
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。