お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
人形が怖い
774 本当にあった怖い名無し 1/2 04/09/29 21:49:58 ID:F+Kt7AMc
私が幼稚園のころのことです。
うちは2人姉妹でしたが、家にあった雛人形は段飾りの立派なものではなく、
ガラスケースにちんまりとおさまった雛人形セットでした。
ひな祭りの頃になるとケースごと居間に飾られ、時期が過ぎると棚の上に
置かれる程度のものでした。
それでも一応、お雛様・お内裏様・3人官女が揃っており、箪笥や牛車、
造花の桜と橘、木でできた菱餅や小さな道具類が並べられていました。
糸のような目におちょぼ口。見ようによっては笑っているようにも見えます
が、全体的にはむしろ無表情なものでした。
私は雛人形には興味もあまりなく、ただミニチュアのようなお飾りだけを
愛でていました。





注目記事!





ある夜中、私はトイレに起き出しました。
トイレは居間を横切った向こうにあります。
つまり行くときにはケースに背を向けていましたが、戻るときに、
ちょうどケースの中身が見えたのでした。

薄暗い居間のケースの中で、雛人形がいっせいに、音もなく首を
左右に振って笑っていました。
糸のような目はそのままでしたが、おちょぼ口はニンマリと左右にのび、
なんともいえない邪気を発しているようでした。
私は転げるように部屋に戻り、布団をかぶって震えて夜を明かしました。
その後は特に怪異もなかったのですが、その時以来私はひどい人形嫌い
になってしまいました。
その人形はいまだに実家に飾ってあります。雛人形の首がはたして左右に
揺れるものかどうか、たぶんしっかりねじ込まれていて揺らすことなんか
不可能なんだろう、とは思うのですが、手にとって確かめる勇気は30年
たった今でもありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
03/05 00:03 | 怖い体験 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/1552-ed485ba2
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。