お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
連れて行く
135 本当にあった怖い名無し 04/10/25 06:59:29 ID:EdnBVv0b
曾祖母(母の祖母)の臨終の際の話。
(俺が生まれる前。昭和40年代の話)

当時、曾祖母は既に80代後半。老衰で病の床に伏せっていた。自分の死期が近いことを、既に悟っていたようだった。





注目記事!





曾祖母は、病の床から母(当時高校生)に語ったという。
「自分が死ぬのは天命だ。この歳まで生きれば十分。特に思い残すことはない。ただ、一つだけ、心残りがある」と。

あの叔母のことだ、と察しのいい母は直感したようだった。
 母の叔母(俺にとっては大叔母か)に、1人大酒呑みがおり(いわゆるアル中)、毎日酒ばかり呑んでは暴れ、家事放棄、子供への暴力、と
家庭生活も破綻していた。親戚中で、問題になっていた。

「Eのことだ。でも心配するな、私が一緒に連れて行ってやるから。」
 曾祖母は母にそう告げたという。母は、曾祖母が、残された自分達を気遣う気持ちのあまり、突拍子もないことを口走ったのだと思い、
うんうん、ありがとうおばあちゃん、と頷き、特に本気にはしていなかった。

 その数日後、祖母が他界した。・・・通夜・葬式の準備で家が慌しかったその日、母は親戚から飛び込んできた知らせに耳を疑った。
大叔母が、突然死したというのだ。死んだ時間は、曾祖母が死んだ数分後。

死因は心臓麻痺だとされているが、実際のところ、医者にもよくわからないのだという。

・・・おばあちゃんが連れて行ったんだ。本当に。

母はそう確信したという。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
03/17 08:03 | 聞いた怖い話 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/1585-36748411
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。