お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
呪いのビデオ
517 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:01:11 ID:z9uwxAL80

俺は昔から怖がりwww
死ぬほど怖がり、 自分でも認める、

KING OF ビビリへタレチキン

だww 幽霊スポットなんぞ言った事もあらへんし お化けなんぞ見た事もあらへん。
もちろんそのヘタレ度数は友達含め 家族全員知っている、
まぁ家族も怖がりやけど、 俺が一番へタレだろうw




注目記事!





そんなヘタレ具合はどんなもんや?と軽く言うと
貞子知ってるよね?皆様。
まぁもちろんKING OF ビビリへタレチキンな俺は映画館で見る事なく
RINGをビデオで家で一人で借りてみた、しかも途中でびびって怖くなって
一時停止してオカン帰る待って オカンと見たwwwww
まぁそれでもビビり散らかした訳だ。
それくらいのビビリって事だww
しかしながら怖いものに関しては
KINGの称号を持つ俺だが 怖い話やら 怖いビデオは聞いてしまうし、
見てしまう。
つまりビビリへタレチキンのくせに見たがり聞きたがりやねんよ。
そんな俺の実話体験談★
今から本編ねww
ここからは標準語でいきますww
関西弁やと怖さが出ないと思うので。



518 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:03:09 ID:z9uwxAL80
当時俺は彼女がいた。
俺も彼女も怖い話、ビデオ、怖いものは大好きだったただ違いは
俺は霊感0、お化け見えないし、体験もない、彼女、霊感ありすぎ、もちろん見える。体験も多々ある。
そんなカップルな訳で俺はいつも彼女に
心霊や、お化け関連に関してはビビッて負けていた。
ある日に彼女と俺が共通して見てるビデオのシリーズがあるので
見ようと言う話になった。 【本○にあった○いのビ○オ】の投稿心霊シリーズだ。
知ってる人も中にはいるだろう、
お分かり頂けただろうか、不可解な物が写りこんでいるのを・・・
って決め台詞があるやつだ。 偽ものもあるし、
たまにガチでこれはやばいものもあるらしい。
俺は霊感0で、見えない感じない人間な訳で
見てもビビッて終わりなもんだ。 しかし彼女の場合は違う、 たまに見るやばい投稿見て、
零章を受けて吐き気もよおしたり、気分悪くなったり、 生理不順になったり、と体調悪くしたりするくらいの
敏感な子だ



519 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:06:30 ID:z9uwxAL80
そしていざ、ツタヤへ行き早速借りる事にした。 そして俺の部屋へ。
ちなみに俺は一人暮らしです。 12階のマンションに住んでます。
へタレの癖に一人暮らしです。
さてさて、見ようかってなって、 借りた本数6本はあったと思います。
怖いやつをMIXIのコミュニティで下調べしていたので そうなりました。
で、ちなみに言うと、 下調べしたものは過去一度、
彼女が見て、これはガチでやばい!!!と 思ったものばっかり。
俺はそんな事も知らずで。 一緒に見ていました。 もちろん、部屋真っ暗、
カーテン締め切り、 音爆音 暗闇の部屋でテレビだけついてる仕様です。
それで見ていました、 俺は怖い時は声だしてビビリを自ら抑える機能を
搭載しているので声だしつつ、
俺:【うわっ、、、ありえん・・これはあかんて・・・】
彼女:【・・・・・】
俺:【うぉぉぉぉお、今のんはほんまやばいやん・・・】
彼女:【・・・・・・】
こんな感じで俺は喋りつつビビリをごまかしつつ、 彼女は無言のまま。
そうこの無言が後で怖い事に・・・・
何本か見て、休憩がてらにタバコ吸う事になりすっていました。




520 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:07:09 ID:PyrKiYNoO
それと、 これも小学校の頃の出来事なんだけど
まぁ俺は親からよく虐待受けてた訳で、親を当時憎んでて、

小学校の頃夢で親を殺した夢を見たんだ、 そして深夜2時夢から目覚めて

【夢から目覚めたら普通は夢だと思うのに】俺はなぜかその時 本当に親を殺したと錯覚させられてて、

俺は 親を殺してしまった。 だから俺も死ななきゃ行けない。
と思い 俺は台所から包丁を持って自分を刺そうと思い何度も包丁を胸に突き付けたが、 怖くてできなかった、包丁が無理なら家の前の堤防から飛び降り自殺するしかない。と思い家の前の堤防に上がり 下の川を見つめ、 死ぬ事だけを考えた、よし飛び降りしようか……と…
何度も何度もジャンプしようかと思ったが怖くて、できなかった、そう思い時間がたつと・・・

あれ?……俺はこんなとこで何をしてるんだ? 俺は親を殺してはいないはず。なんで俺が死ななきゃいけないの?
と・・・急に我にふり返った。
その時にはもう4時を過ぎてた。
こう考えると幽霊てのは人を自殺に導いたり
死へと導くんだなっと後になって確信したよ
俺 とりつかれてたのかな。


521 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:07:10 ID:z9uwxAL80
もちろん暗闇にテレビついたまま。 その時に俺が気になっていた事を彼女に質問。

俺:【なぁ、なんで静かに見てんねん俺一人でアホみたいやんけ】
彼女:【・・・・・うん・・】
俺:【・・・いや、うんやなくて・・・】
彼女:【ちゃうねん、竜ちゃんビビラしたらあかんと思って・・・・】
俺=竜ちゃんねwww
俺:【え”っ・・・・・】
俺:【ま、まぁ、続きみよ、なっ!】
内心この時点で非常に俺はびびりました、 心の中の俺は、
いやいやいや、びびらしたらあかんて何やねん・・・・ もしかして何かやばいんか?
いや、実は怖いとか?
とか考えていました。 でまぁ見ていたんですね。
その間はさっきの会話のやり取りがループしていたと考えてくれればいいです。 それで全部見て行って
最後に一番シリーズで新しいやつをみてる時だったと思うんですけど、

彼女:【・・・・あっ・・・・これは・・・】
彼女:【これは・・・ちょっと・・・・あかんな・・・】

って言いました。 俺はその時はもちろんびびっていたのもありビビリすぎて布団をこう、
顔に近づけて隠したりしてみてました。 それほどのヘタレで男子的に申し訳ないのですが。
そうこうしてるうちに全部見終わりました。
時間にしたら、確か夕方の17時か18時くらいだったと思います。
まだまだお化けの出る時間でもないんですよね。



522 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:08:30 ID:z9uwxAL80
それで見終わって 部屋の電気つけて 彼女の第一声が

彼女:【竜ちゃん・・・・・ごめん】
俺:【な、何謝ってねん、ど、どないしたねん・・・】
彼女:【いや、ビビラしたくないから言いたくなかったんやけど・・・・】
俺:【え”っ・・・・・な、何??】
彼女:【さっきな、ビデオって言うか見てるテレビから白いモヤモヤが抜け出てんテレビから・・・】
彼女:【それでな、白いモヤモヤが電気付けたら白い人形になっててな・・・】
俺:【・・・・・・・・・・・・・】
頭真っ白、呆然となりました。 まだ彼女は喋ります。

彼女:【それでな、出てきた時はええけど、まだそのテレビの斜め上におるねん・・・・】
俺:【え”っ・・嘘やろ?また俺ビビらすつもりちゃうの・・・】
彼女:【いや、ほんま、まだおる、それになこれも心配さすから言いたくなかったんやけど、全部見た中にやばいのも何個かあって、さらに白い人形テレビから出てきてからな、ウチ、めっちゃ吐き気して気分悪いねん・・・・】
俺:【・・・・・・・・・・・・・・・・】
この時点で俺はもう怖さゲージがMAX
心臓もバクバク、思考回路停止、唖然としていました。



523 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:12:21 ID:z9uwxAL80
彼女【もう六時やしそろそろ帰るわ、めっちゃ吐きそうなんもあるし、それにその白い人形は悪いもんやないみたいやし】
俺:【いやいやいやいや・・・・・・・・気分悪いなら家俺って、俺一人はあかんやろ、それに大丈夫って何やねん】
それで俺は完全にビビリモードになり、 彼女は気分悪くなってしまって帰るといい、
そこで同じような話がループしてました、 まぁ話してるうちに
気分がだいぶ落ち着いたらしく、 とりあえず帰る事になりました。
まだ時間にしても早い18時過ぎ、
なんでこんな時間かと、言うと俺は不倫していました。
なのでこんな時間に彼女は帰る事になるのですけど。
それでまぁ彼女を駐車場まで送るので外に出て、
そして、送りました。
ビビリながらも帰りのKISSは忘れず。
まぁそれはいいとして。
俺は一人部屋に戻りました。
これで終わり・・・・ いやーーー怖い話もたいがいにせぇよほんまに・・・
な、訳もなく まだあります、
長文本当に申し訳ない。



524 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 05:14:31 ID:z9uwxAL80
俺は仕事だったので、20時には家を出ないといけない。 なので少し時間もある。
ちょっとタバコ吸いつつ、彼女にメールも送りつつ
【大丈夫かな、あいつ、ってか、俺の部屋も大丈夫なんやろか・・】 とか呟いていました。
かなりビクビクしていて敏感だったと思います。
そんな矢先
ッピンポーン・・・・・
ッピンポーン・・・・・・・・・
俺:【え”っ・・・・誰??】

と思わず声に出しつつ、 インターホンの受話器へ 俺のマンションはドアロックがついてるので
最初にマンションの入り口で部屋の番号押して部屋主に空けてもらわないと入れない仕組みになっている。

俺:【はい、どないたですか??】
【・・・・・・・・・・・・・・・・・】
シーン・・・・・・・・・・・・・・
俺:【もしもし??】
【・・・・・・・・・・・・・・・・・・】
シーン・・・・・・・・・・・・
俺:【ちょっと、、、誰かいるんですかね?】
【・・・・・・・・・・・・・・・・・】
シーン・・・・・・・・・・・・・・・

そこで俺、軽く絶叫しました。






534 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 06:57:33 ID:z9uwxAL80


【え”ぇぇ・・・何やねんこれ!!どないなってんねん!!!】


まだ受話器は持っていたので、 俺は何を血迷ったか、 怒鳴ってみました、

俺:【おい、っごらぁ!!!誰かおるんやったら返事せぇよ!!!!!!!】

【・・・・・・・・・・・・・・・・・・・】

シーン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで受話器は切りました。




535 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 06:58:01 ID:z9uwxAL80
俺はここで極限の状態まで来たんですよ。
さっき彼女が俺の部屋で一緒に怖いビデオ見て
それでテレビから白い人形が出て行って、
さらに彼女は気分悪いからって言う矢先にこれです。
ありえませんよね?普通。
俺はこれは本能的に絶対さっきのビデオか白い人形が原因やし
つまりお化けとかの仕業だと本気で思いまして、
頭真っ白でテンパるのが加速した状態になってしまいました。
何にも考えれないし、部屋は俺一人でいるし。

受話器切ってそうこうしてたらね、

ジリリリ~~ン、ジリリリ~~~~~~ンン
ジりいん、
ジりん
リリリ~~ン、リリリ~~~~~~ンン

と俺の部屋のどっかから、電話の音がするんです。
そう、
携帯の音ではない。
黒電話ご存知ですかね?
ジーコジーコ回して電話する昔の電話です。

その音が長く鳴ったり、短くなったり断続的に続いてるんですよ。

俺は本気でここで絶叫しました


【ウォオォォォォォッォオォいgkはそgsdjgs@d】



536 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 07:01:08 ID:z9uwxAL80
声にならない声で絶叫 数秒してちょっと我に返り、
あかん!! 時間も関係ない!とりあえずスーツ着て 職場に向かおう、家におるのはやばい!
!!と 思ってマッハで着替えました。 着替えてる間も鳴っていたと思います
人間極限にびびりまくるとなかなか手がばたつくもんです、
シャツのボタンがなかなか入らないんですよ、
それで苦戦しつつ、
俺はもう部屋の電気も付けっぱなし、部屋の鍵も忘れて 速攻で部屋から出ましたよ。
そりゃもう走るつもりでしたから。
俺の部屋は三階にあるんですね。 エレベーターの横には俺の部屋、エレベーターの横は
普通の階段があるんです。 それで俺の部屋はエレベーターの横で
運良くか、悪くか、角部屋なんですよ。で、出た瞬間にエレベーターのボタン押す瞬間、 俺は
身動きとれず頭がまた真っ白に 心も折れてどないしたええねん・・・って状態に
それは何故か

俺のマンションは12階立て

でもボタン押す瞬間表示されていたのは

13階表示でした・・・・・

その後俺は泣きそうになりながら階段で降りて走って駅に向かいました
以上です、死ぬ程長くなり、そして読み返すと死ぬ程読みにくい
文面になってすんません。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
03/10 12:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/225-f73329c3
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。