お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
千羽鶴
84 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:18:32 ID:nvNsDD+90
私の友人に、息子が病気で3年近く闘病生活を送っていた家族がいる。
その家族の母親の話。
息子の名前はAとしておこう。

Aは通っていた高校のすぐ近くの病院に入院していた。
入院直後はクラスメイトも見舞いに来たが、なにぶん入学早々であったから、
友達らしい友達もおらず、見舞い客はすぐに途絶えた。

しかし、入院して2ヶ月程経ったある日を境に、奇妙な見舞い客がくるようになった。
一日一羽、時間はまちまちであったが、一日一羽の折り鶴を持ってくる青年が現れた。
名前を聞いても恥ずかしいからと名乗らず、息子に風貌を伝えても思い当たらないと言う。
一週間が経つと、さすがに気味が悪いと思い、母親が尋ねた。




注目記事!






「お気持ちはうれしいのだけれど、あなたは息子とどういった関係なのでしょう?」
「はい、クラスメイトです。ですが、A君はすぐ入院してしまって、ほとんど話したことは無いのです。
ですが、クラスメイトとしてお見舞いをするのは当然のことでしょう?」
母親は安心し、涙さえ浮かんできた。

「えぇそうね。ごめんなさいね。では息子にあってくださらないかしら?」
「いえ、あってしまったらおしまいです。毎日訪ねる僕の顔は、学校に来なければ見れません。
そうすれば、A君も早く学校に行けるよう病気と闘うと思うのです。」
母親は、あぁ彼は彼なりに考えてくれているのだと、それ以上たずねるのを止めました。

青年は雨の日も、風の日も、休みの日も平日も、休むことなく毎日見舞いに来ました。
そして青年が初めて訪ねてきた日から千日目が過ぎた。
その日青年は来なかった。その次の日も、次の日も。
千羽鶴が出来上がるはずのその日を境に、青年は一度も訪れることは無かった。
母親は、青年に何かあったのではないかと不安になっていたし、これまでの礼も言いたかった。

そして退院の日、夫は周りの目も気にせずないていた。
母親も、あぁなんといい日だと涙が出そうであった。
退院後数日して、母親は夫に家族で旅行にでも行こうと提案した。
夫はいぶかしんでいたが、妻気持ちをさっし渋々了解した。
もちろん母親も退院のすぐ後に旅行は難しいとは思っていたが、
息子が行きたいと母にねだるのだから仕方が無い。

そして旅行当日の朝、駅に向かう途中であの青年とでくわした。
「まぁ、お体でも悪くしたのかと思って心配しておりました。」
「いえそうではありません」
「ではなぜおたずねになるのをおやめになったのですか?」
「千日目のあの日、息子さんは亡くなられていたはずなのですが。」



このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
07/22 18:03 | 考えると怖い話 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/780-d0e79422
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。