お見合いパーティーで出会う
トップページ このサイトについて 2BLO-NET ロミオメールまとめ
怖い話がいっぱいいっぱい アナグロあんてな ほんとにやった復習まとめ 2chまとめブログ集 ふらりちゃんねる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
--/-- --:-- | スポンサー広告
中央分離帯に立っていた男
98:名前:本当にあった怖い名無し:投稿日:03/05/02 19:34
中学生の頃だから、今から20年程前。
家族旅行中、真夏の名古屋で渋滞にハマりました。
気温は35度を超えていて、車はノロノロだからクーラーもきかない。
家族5人汗を流しながら、ぐったりしてたな。
私は運転席の後ろに座って、窓の外を見ていました。
しばらく停車していた渋滞の列が動き出した時に、
すぐ脇の中央分離帯に立っていた男と、窓越しに擦れ違いました。

分離帯には草が繁っていて、その端に立つ男は俯いていたので、
顔は長めの髪に隠れて見えませんでした。
男は白いスラックスをはいて、このクソ暑いのに、
真っ赤なカーデガンを着ていました。




注目記事!





厨房ながらもヘンだなと思った私は、擦れ違ってすぐに、
車のリアウィンドウ越しに振り返ってみました。
見えたのは後ろに連なる車の列と、無人の中央分離帯だけ。
「今、ヘンな人立ってたよね?」
家族に訊いても、ノーリアクション。
暑さでぼんやりしていた他の家族はともかく、運転していた父は
目にしているはずなのに、あんなに目立つ男を見ていないなんて、、、

ああ、他の人には見えなかったのだなと、
その時、妙に納得したのを覚えています。
思えばアレは本当に赤いカーデガンだったのかなと、今でも時々考えます。
目にしたのは一瞬だったのに、
真っ赤な色がとても鮮明に脳裏に焼き付いているので。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ←ランキングアップの為ワンクリック頂けると嬉しいです。


Powered By 画RSS

↑google+使っている方、クリックいただけると励みになります。
よろしくお願いしますm(__)m
ブログパーツ
09/03 06:03 | 心霊体験 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://kyoufushinrei.blog.fc2.com/tb.php/957-ca166936
* トラックバック: *
Powered By 画RSS
template design by takamu
Copyright © 2006 眠り犬 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。